漆鉢 ”花信”

新作の漆鉢 ”花信”をご紹介します。

この器は一見すると布を貼り合わせて作る乾漆造りにも見えますが、木を削り出して作った鉢です。伸び伸び と手を広げて自由に空に飛んでいきそうな、躍動する形に仕上がりました。 開きかけた花の形にも見えることから、「花信」(かしん=花が咲いたという知らせ、花だより)と名づけま した。

漆器は工程上どうしても丸や四角のものが多いですが、変化する柔らかなカーブに縁どられたこの鉢は、様々 な料理に映えてテーブルを華やかに飾ってくれそうです。

漆鉢 ”花信”

漆鉢 ”花信”

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です