虎の尾沈金硯箱

虎の尾

夏の能登、草地に群生して咲く虎の尾(オカトラノオ)に蝶が誘われています。見てのとおり曲がった花の姿が虎の尾のように見えることからの命名だそうですが、どちらかというとかわいい猫の尾に近いような気も。ちなみに英語名は”Gooseneck”、「ガチョウの首」。種は違えど、洋の東西にかかわらず動物に例えるのも面白いですね。

そんな虎の尾をリズミカルに写し取った「虎の尾沈金硯箱」。野生の生命の輝きを、室内の飾りにそのまま取り込んでみようと、群生する虎の尾を軽やかに彫り込んだ作品です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です