根来薬壺のご紹介

私たちは「優品に学ぶ」というテーマで、過去の漆芸の名品の製作に継続的に取り組んできました。

今回挑んだのは根来薬壺。薬壺(やっこ)とは、元は文字通り薬を入れていた蓋付きの焼きものです。薬師如来が唯一の持ち物として左手に載せているものも薬壺で、疫病を治して寿命を延ばし、災いを消す御守りともされています。

根来薬壺

根来の歴史の中では、茶入れとしてこの薬壺の形を取り入れたものが作られ、様々なかたちの茶器が盛んに用いられてきました。(下の写真は、「根来」河田貞著 紫紅社刊より)

根来薬壺いろいろ

この根来薬壺は過去の名品をお手本としながら、力強くかつ柔らかな肩の張りの曲線、品のある宝珠型のつまみと落ち着いた蓋のフォルムなどに留意し、新たに形を起こして製作しました。

根来薬壺

奇しくも今、コロナウィルスが世界中を覆っている中で完成したこの薬壺が、疫病退散の霊力でも持っていればいいなあ…などと空想しています笑。

Follow me!

根来薬壺のご紹介” に対して3件のコメントがあります。

  1. 健太郎 より:

    形状も塗りの奥行き感もいいですね

  2. スズキ健太郎 より:

    昨年 親戚の叔母より 輪島屋善仁さんの 根来風の朱塗りの蒔絵入りのトレーを
    いただき コロナでの自宅飲みの際に重宝してます。
    トレーの裏を見るとJMGもしくなTMGとサインがありました。
    塗りの素晴らしさやトレーの厚みや肌さわりも含めて 御社のものと
    確信していましたが もしかして箱と中身が違うのかなと
    危惧して聞いてみたいと思いました。
    どちらにしてもいいのもには違いないのですが。
    もし差し障りなければ教えていただけますでしょうか

    1. 輪島屋善仁 より:

      スズキ様、コメント頂きありがとうございます。
      はい、確かに数年前に、弊社でそのようなトレーを製作してお納めさせていただいたことがございます。ご愛用いただいているとのこと、大変嬉しく思います。また、根来薬壺にもお褒めの言葉を頂戴してありがとうございます。
      お客様からのこのようなお言葉は、私たちにとって何よりの励みとなります。コロナ騒ぎで未だ先の見えない状況が続いておりますが、スズキ様もどうかくれぐれもご自愛くださいますよう、また今後とも末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です