初めての金継ぎ

割れたり欠けたりした焼き物を修復する、金継ぎ。古くからある漆を使った技法のひとつですが、最近は静かなブームということで入門書などもたくさん出て、金継ぎを楽しんでおられる方も多いようですね。

当社の上塗り職人も、この間長年使っていた陶器の器が割れてしまったので、試しに初めて金継ぎをしてみたそうです。最後の金粉蒔きは同僚の蒔絵師に頼んだそうですが、初めてとはいえ漆の扱いは手馴れたもの、なかなかキレイに仕上がっているように見えます。割れ具合にもよるかと思いますが、さてこの初めての金継ぎ、いい景色になっておりますでしょうか??(笑)
今回はシンプルに金だけでやってみましたが、次はちょっと加飾を入れたりして遊んでみようかな?..と話しています。

初めての金継ぎ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です